阿武松審判部長 稀勢の里の4連敗に「本人と師匠が考えること」 

[ 2018年11月14日 20:24 ]

大相撲九州場所4日目 ( 2018年11月14日    福岡国際センター )

<大相撲九州場所4日目>栃煌山(左)にすくい投げで敗れる稀勢の里(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 稀勢の里と栃煌山の結びの一番は物言いがついた。土俵際まで押し込まれた栃煌山が起死回生のすくい投げを打ったものの、軍配は横綱に。しかし協議の結果、行司差し違えに。土俵下で見守った阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)は協議の内容について「(稀勢の里の)肩が早く落ちたという判断。一番見える位置にいた審判が“肩が早い”と言っていました。ビデオと審判(の判断)です」と説明した。

 館内には取り直しを期待するムードもあったが、スンナリと稀勢の里の4連敗が決まった。阿武松審判部長は横綱の相撲内容について「九分九厘勝っていたが、そこからが相撲。気力は十分感じた。ただ今場所の栃煌山はひと味違った」と話した。

 これで稀勢の里は苦しい状況に追い込まれた。「厳しいですね。一番一番しのいでいくしかない。(出否は)本人と師匠が考えること。ここで私が言うことではない」と師弟の決断を見守る考えを明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月14日のニュース