キリオス、錦織に脱帽「たいていのヤツは触ることもできないのに」

[ 2018年7月8日 07:18 ]

テニスウィンブルドン選手権 男子シングルス3回戦   ニック・キリオス 1―6、6―7、4―6 錦織圭 ( 2018年7月7日    英ロンドン・オールドイングランド・クラブ )

試合後、健闘を称え合う錦織(右)とキリオス(AP)
Photo By AP

 キリオスはこの日もキリオスだった。ハイレベルなプレーあり、まるでやる気のないプレーあり。集中が切れるとポイント間の動作もどんどん短くなった。敗戦後の会見では「圭との試合はいつも大変だと思い知らされる」とぶっきらぼうながら錦織に脱帽した。

 開始直前に慌ててグリップテープを巻き直したかと思えば、いざ試合が始まってみると錦織の好スタートに早々とあきらめムード。錦織が「第1セットの彼はセミタンク(その後に備えて力を蓄えている)なところがあった」と感じ取ったように、緩慢な動きでわずか16分で落とした。

 ねじを巻き直した第2セットはタイブレークに突入。ところがダブルフォールトに続いてバックハンドのミスでセットポイントを与えると、イライラ爆発で観客席に思いっきりボールを打ち込んだ。ブーイングはもちろん警告も受け、セットも落とした。

 「圭は本当にリターンがよかった。たいていのヤツは俺のサーブを返すことも、触ることもできないのに、彼は深く返してきた」。リターンが返ってこなかったサーブの確率は1回戦の54%、2回戦の56%に比べてこの日は43%まで低下。最大の長所を封じ込められ、2年ぶりの4回戦進出もかなわなかった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年7月8日のニュース