PR:

渡辺雄太がサマーリーグで活躍 2戦目は13得点&4ブロック チームは連敗

サンダー戦で13得点を挙げたネッツの渡辺(AP)
Photo By AP

 NBAのラスべガスでのサマーリーグは7日(日本時間8日)に2日目の10試合を行い、ネッツのロースターに名を連ねている渡辺雄太(23=2メートル、98キロ)はサンダー戦でチーム最多の27分出場して13得点をマーク。試合は76―90(前半32―50)で敗れて2戦2敗となったが、出場時間帯のチーム得失点でプラスにしたのはネッツでは渡辺ただ1人(プラス8点)だった。

 8得点を記録した第1戦同様、ベンチからの出場となった渡辺は最初に放った左45度からの3点シュートを成功。ブロックショットは両軍最多の4回を記録するなど、ディフェンス面でもアピールする試合となった。

 フィールドゴール(FG)は7本中3本、3点シュートは4本中1本、フリースロー(FT)は6本全部成功するというシューティング成績。しかしネッツにはプレーメーカー不在で、オフェンス時にコーナー、もしくは3点シュートラインの外で待っている渡辺にはなかなかボールは回ってこなかった。

 チームでただ1人、得失点をプラスにしながらFG試投数(7)はチームで5番目の数字。5リバウンド、2スティールをマークし、昨季サンダーで先発12試合を経験しているテランス・ファーガソン(20=2メートル1、84キロ)を含め、シューティングガード、スモールフォワード、パワーフォワードといった3つのポジションの選手をマークするなどチームへの貢献度は高かったが、試合としては第3Q終了時点で24点差をつけられる不本意な内容となった。

 なおネッツは9日(日本時間10日)にティンバーウルブスと対戦する。

[ 2018年7月8日 12:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月22日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画