松山の世界3位に中嶋「すごいこと」青木会長「メジャーを勝つのは近い」

[ 2017年5月15日 20:43 ]

 ついに世界のトップ3入りを果たした。14日付で発表された男子ゴルフの世界ランキングで、松山英樹選手が日本勢の史上最高を更新する3位に浮上。米ツアーで日本の選手として最多の4勝を挙げている25歳の第一人者が、世界の頂点に迫っている。

 世界4位となった実績を持つ中嶋常幸選手は以前から松山選手を「昔と今では算出方法が違うから、私の時より上」と評価していた。最高を更新されたことに「松山の力からすれば当然だと思う。世界のトップ3に入ったことはすごいことだし、私もうれしい」と称賛する。

 松山選手にとって最大の目標はあくまでメジャー制覇。今年は6月の全米オープン選手権、7月の全英オープン選手権、8月の全米プロ選手権が残され、いずれも優勝候補として臨むことになりそうだ。

 メジャーで日本男子最高の2位に入った実績がある日本ツアー機構(JGTO)の青木功会長は「これでさらに自分の能力に自信を持つことができるんじゃないかな。メジャーを勝つのは近いだろう」と期待を膨らませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年5月15日のニュース