SGホールディングス、外国人コンビで連勝 パーナビー完封&ポーター猛打賞

[ 2017年5月15日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ   SGホールディングス4―0シオノギ製薬 ( 2017年5月14日 )

 兵庫県尼崎市、愛知県豊田市、岐阜県揖斐川町の3会場で第2節の6試合を消化した。SGホールディングスは先発パーナビーが被安打3の完封勝ちで3勝目をマーク。

 外国人コンビの活躍で連勝だ。完封勝利のパーナビーは前日のホンダ戦と合わせて14回を四死球4、失点1と安定感のある投球を披露。打線は「試合に臨む姿勢が選手たちの良いお手本」と小林良美監督も全幅の信頼を寄せるポーターが猛打賞でけん引した。

 助っ人の活躍に呼応するかのように増野、山科ら主軸が適時打を放ち攻撃陣が機能してつかんだ快勝劇。リーグの台風の目になりそうな予感が漂う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年5月15日のニュース