ホンダ、上野追い込むもあと一歩 3連敗に指揮官「トーナメントのつもりで」

[ 2017年5月15日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ   ホンダ3―4ビックカメラ高崎 ( 2017年5月14日 )

 兵庫県尼崎市、愛知県豊田市、岐阜県揖斐川町の3会場で第2節の6試合を消化した。ビックカメラ高崎は終盤、ホンダに1点差に詰め寄られたが逃げ切り全勝を守った。

 ホンダは日本のエース上野をあと一歩のところまで追い込んだ。4点ビハインドの6回2死二、三塁から又吉、芝崎の連続適時打で1点差。なお2死一、二塁から6番田井の右前打で二塁走者の芝崎が本塁を狙ったがライト糟谷の好返球でタッチアウト。続く最終回は3者凡退に終わり3連敗となった。

 植田祐造監督は「トーナメントのつもりで戦う」と今後の巻き返しを誓った。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年5月15日のニュース