白鵬4敗V消滅…“行司待った”にイラッ「もういいやと思った」

[ 2016年7月24日 05:30 ]

4敗目を喫して優勝がなくなりガックリの白鵬

大相撲名古屋場所14日目

(7月23日 愛知県体育館)
 白鵬は最初の立ち合いで左手を出して立ったが、予想外の“行司待った”でリズムを崩した。2度目は「もういいやと思った」とがむしゃらに前に出たが、稀勢の里の突き落としにバタリ。12日目も“行司待った”で止められ整理できず敗れ「(立ち合いは)合ってるのに…」と納得できない様子。

 ただ、そこは横綱。38度目Vは消滅したが「あれで負けたら仕方ない。相撲に勝って勝負に負けた」と素直に敗戦を認め、千秋楽へ「今日みたいに前に出られれば」と切り替えた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年7月24日のニュース