レブロン・ジェームズ、史上最年少で2万5000得点達成

[ 2015年11月3日 16:26 ]

 NBAは開幕7日目となった2日に7試合を行い、キャバリアーズのレブロン・ジェームズ(30)が敵地フィラデルフィアでの76ers戦で22得点をマーク。NBA13シーズン(951試合)で積み上げた通算得点は2万5001となり、コービー・ブライアント(37=レイカーズ)の31歳151日を抜いて史上最年少(30歳307日)で史上20人目の2万5000得点を達成した。ただし試合数の最少はウィルト・チェンバレン(元ウォリアーズほか)の691試合で、マイケル・ジョーダン(元ブルズほか)は782試合で到達している。試合は107―100でキャバリアーズが勝ち、開幕戦こそ落としたがその後3連勝。76ersは3戦全敗となった。

 ウォリアーズは30得点を挙げたステファン・カリー(27)の活躍でグリズリーズ(2勝2敗)に50点差で圧勝して4戦全勝。クリッパーズはサンズ(2勝2敗)を退け、30年ぶり4度目の開幕4連勝を飾った。

 <その他の結果>

スパーズ(3勝1敗)94―84ニックス(2勝2敗)
バックス(1勝3敗)103―96ネッツ(4敗)
ロケッツ(1勝3敗)110―105サンダー(3勝1敗)
トレイルブレイザーズ(2勝2敗)106―101ティンバーウルブス(2勝1敗)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月3日のニュース