窪木はポイントレース11位「スピードが全然違う」

[ 2015年2月21日 08:52 ]

男子ポイントレースで11位の窪木一茂(左)

 自転車トラック種目の世界選手権第3日が20日、パリで行われ、日本勢は男子ポイントレースの窪木一茂(和歌山県庁)が11位だった。10周ごとの通過順位などによって得るポイントを争う160周のレースで、序盤に得点を重ねたものの、その後は伸ばせなかった。

 男子1000メートルタイムトライアルはフランソワ・ペルビス(フランス)が勝ち、前日のケイリンとの2種目制覇を果たした。

 ▼窪木一茂の話 中盤にペースが上がり(体力が)いっぱいになってしまった。もう一つ我慢が足りなかった。やっぱりスピードが全然違う。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年2月21日のニュース