伊藤有希 銀メダルもどん欲「金メダルを取るための銀メダルだった」

[ 2015年2月21日 05:57 ]

銀メダルを獲得した伊藤有希(AP)
Photo By スポニチ

 ノルディックスキーの世界選手権は20日(日本時間21日未明)、スウェーデンのファルンでジャンプ女子(HS100メートル、K点90メートル)が行われ、伊藤有希(20=土屋ホーム)は2位に入り、世界選手権で、個人では自身初の表彰台に上った。今大会の日本勢メダル第1号。前回大会2位の高梨沙羅(18=クラレ)は4位だった。

 ▼伊藤有希の話 ジャンプを楽しめた。今はうれしいというより悔しい気持ちの方が強い。(この先に)金メダルを取るための銀メダルだったと思う。いかにミスを少なくするかが課題。

 ▼高梨沙羅の話 ピークを合わせられなかった。間に合わなかった。1回目はバランスを崩して立て直しができないまま着地してしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年2月21日のニュース