アイスダンスSD リード組は7位、平井組は8位発進

[ 2014年11月29日 13:15 ]

フィギュアNHK杯のSPの演技にのぞむキャシー・リード&クリス・リード組

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯第2日は29日、大阪なみはやドームで行われ、アイスダンスのショートダンス(SD)ではキャシー・リード、クリス・リード組(木下クラブ)は50・55点で7位、と平井絵己、マリオン・デラアスンシオン組(大阪スケート倶楽部)は44・38点で最下位の8位発進となった。

 今年3月に行われた世界選手権え銀メダルのケイトリン・ウィーバー、アンドリュー・ポジェ組(カナダ)は67・51点で首位に立ち、ペニー・クームズ、ニコラス・バックランド組(英国)が60・49点で2位に付けている。

 アイスダンスのフリーダンスは30日に行われる。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年11月29日のニュース