9秒台突入期待!山県、まずは10秒41で2次予選へ

[ 2013年7月8日 06:00 ]

男子100メートル1次予選を10秒41で通過した山県(右)

 ユニバーシアード夏季大会第2日は7日、ロシア・カザニで行われ、陸上男子100メートルで9秒台突入が期待される山県亮太(慶大)は1次予選7組で10秒41の1着となり、与那国塁(中京大)とともに2次予選に進んだ。

 ボート男子軽量級かじなしフォアで小林雅人、坂上熙英、佐藤祐介、荒木祐作(以上日大)が3位となり、今大会で日本のメダル第1号となった。柔道女子78キロ級で梅木真美(環太平洋大)も銅メダルを獲得した。6日夜の開会式にはロシアのプーチン大統領も出席し、日本選手団は旗手を務めたフェンシング女子の西岡詩穂(日女体大)を先頭に笑顔で入場行進した。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年7月8日のニュース