4大関が総崩れの波乱!日馬全勝、白鵬は連敗回避

[ 2013年1月16日 19:03 ]

把瑠都がすくい投げで稀勢の里を破る

 大相撲初場所4日目(16日・両国国技館)、2010年春場所8日目以来となる4大関総崩れの波乱が起きた。両横綱は日馬富士が旭天鵬を寄り切って4連勝とし、前日敗れた白鵬は豊ノ島を押し出して3勝目。

 大関陣は琴奨菊が関脇豪栄道に突き落とされて初黒星。稀勢の里は関脇把瑠都にすくい投げで逆転負けし、妙義龍にはたき込まれた琴欧洲とともに連敗で2敗目を喫した。鶴竜も安美錦のはたきに屈して2敗目。豪栄道は3勝目を挙げ、大関復帰が懸かる把瑠都は星を五分に戻した。

 小結同士の一番は松鳳山が栃煌山を押し出して初白星を挙げた。全勝は日馬富士と栃ノ心ら平幕3人。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年1月16日のニュース