白鵬にもう土…立ち合いで不覚「油断だろうね」

[ 2013年1月16日 06:00 ]

押し出しで白鵬(左)を破った妙義龍

大相撲初場所3日目

(1月15日 両国国技館)
 白鵬が5戦全勝だった妙義龍に不覚を取った。立ち合いで右からの張り差しを狙ったが、完全に失敗。逆に相手の突進をまともに受け、あっけなく土俵を割った。

 支度部屋ではじっと目を閉じて「立ち合いはちょっと見過ぎてしまったね。相手の出足が鋭かった。油断だろうね。まあ、一日一番は変わらないです」と言葉を絞り出した。新年3日目での敗戦は、横綱昇進後ではワースト。北の湖理事長(元横綱)は「相手の立ち合いが良かった。1敗はしてもまだまだ白鵬が優勝候補の一番手」と話すが、ショックは周囲に飛び火。帰り際には、付け人が横綱の下着を渡し忘れて帰路を急ぐハプニングも。負の連鎖は早く断ち切らねばならない。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年1月16日のニュース