張会長らを候補に承認 体協、6月役員改選へ

[ 2013年1月16日 18:59 ]

 日本体協は16日の理事会で、学識経験者枠の次期理事候補者に張富士夫会長(75)ら7人を承認した。公益財団法人に移行して初となる6月の役員改選で、張会長は再選が確実となっている。

 体協は昨年12月までに3度の次期役員候補者選定委員会を開き、張会長のほか現理事の竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(65)、樋口久子・日本女子プロゴルフ協会相談役(67)らを推薦した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年1月16日のニュース