宮里藍、3位「爆発するような内容ではないが…」

[ 2009年9月20日 10:04 ]

通算12アンダーの204で3打差の3位につけた宮里藍

 米女子ゴルフのサムスン世界選手権は19日、サンディエゴのトーリーパインズGC南コース(パー72)で第3ラウンドを行い、首位に1打差の2位から出た宮里藍は5バーディー、1ボギーの68で回り、通算12アンダーの204で3打差の3位につけた。

 宮里は前半に6番からの2連続を含む4バーディーを奪ってスコアを伸ばし、3日連続で68の好スコアをマーク。ツアー2勝目へ向けて好位置をキープした。
 63で回った崔羅蓮(韓国)が通算15アンダーで単独首位に浮上した。2打差の2位は前日トップの申智愛(韓国)。

 ▼宮里藍の話 爆発するような内容ではないが、淡々と自分のペースでできた。(最終日は)どれだけ集中力と平常心を保てるかが重要になってくる。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2009年9月20日のニュース