若林、痛恨の4パット「悔しいです」

[ 2009年9月20日 17:54 ]

 【東海女子】若林は最終18番(パー4)で4パットし、ダブルボギーで3位に沈み「悔しいです」と肩を落とした。

 最初のパットは決めればプレーオフの可能性があった4メートル。「特に緊張したわけではなかったが…」と振り返ったが、この距離に4打を要してしまった。21歳は「なかなか練習通りにいかなかった。もっと練習しないと」と反省した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2009年9月20日のニュース