谷口徹が2年ぶり優勝/ANAオープン

[ 2009年9月20日 14:46 ]

 ANAオープン最終日(20日・北海道札幌GC輪厚=7063ヤード、パー72)単独首位でスタートした谷口徹が2バーディー、2ボギーの72にまとめ、通算16アンダーの272で一昨年の日本オープン選手権以来、2年ぶりの優勝を果たした。ツアー通算15勝目で優勝賞金は2200万円。石川遼は5アンダーの18位だった。

 首位に4打差の2位が中嶋常幸、山下和宏、金庚泰(韓国)の3人。さらに1打差の5位に谷原秀人が入った。
 丸山茂樹は通算7アンダーの11位。昨年優勝の矢野東は13位、片山晋呉は22位だった。(出場67選手=うちアマ0、晴れ、気温18・7度、北西の風4メートル、観衆9340人)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2009年9月20日のニュース