×

神戸DF山川哲史「普通に当てられました」小学校訪問でドッジボールに参加

[ 2024年5月29日 17:10 ]

子どもたちとドッジボールのレクレーションを行い、ボールを当てられた神戸DF山川 
Photo By スポニチ

 神戸DF山川哲史が29日、神戸市立櫨谷小学校を訪問した。神戸市内全164校の小学校を選手たちが訪問する事業「GOAL for SMILE」の一環。この日は14選手が42校に訪問し、山川は同校4~6年生の児童31人にサッカーボールと記念ボードを贈呈した。

 プロ入り初の小学校訪問となった山川は、記念品贈呈後に児童たちとのドッジボールに参加。DFらしく味方を守り続けたが、得意の足ではなく手を使うスポーツのため、キャッチし損ねるシーンもあった。「ドッジボールをするのは小学生以来。普通に当てられましたね」と笑顔を浮かべた。

 「子どもたちの力は凄い。とにかく元気。こんなに触れ合う機会はないのでリフレッシュになった。僕らも多少負けることがあったとしても、すぐに前を向いて元気にやっていかないといけない」

 チームは現在公式戦3連敗。だが子どもたちから笑顔と元気をもらい、次戦・浦和戦(6月2日)へ向けて気持ちを高めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年5月29日のニュース