×

浦和MF伊藤敦樹 2戦連発&2年連続弾狙う「もっともっと点は取りたい」6月1日神戸戦

[ 2024年5月29日 13:40 ]

練習で笑顔を見せる伊藤(撮影・中村 和也)
Photo By スポニチ

 浦和は29日、さいたま市内で6月1日のホーム・神戸戦に向けた練習を報道陣や一般に公開した。

 MF伊藤敦樹が2戦連発と2年連続弾を狙う。前節・町田戦では先制された直後に今季3得点目となるゴールを挙げた。試合には敗れたが、「密集している中で、けっこうイレギュラーな形だったが、相手の裏をとってワンタッチでシュート。良い形で取れたと思う。もっともっと点は取りたい」と力強く語った。

 攻撃の形についても言及。「クロスからのシュート。クロスの本数自体はチームとして増えてきていると思うが、クロスで合わせる回数が少ないかなと。自分が抜けてクロス上げた時もそうだし、自分が中に入っていく時も、合わせる形とかが増えてくれば、得点もアシストも増えるかなと感じている」と話した。

 昨年3月の敵地・神戸戦では決勝弾でチームを勝利に導いた。神戸について「強度が高いし、町田と一緒でやることは、はっきりしているかなと思っている。強度のところで負けないことが大事」と警戒した。

 03年から07年まで浦和で背番号17を背負った長谷部誠氏が現役を引退。伊藤も入団1年目に同じ背番号をつけて戦った。「素晴らしい選手。レッズにいた時からファン。1年目に17番を背負わせてもらって、うれしかった。17番は長谷部さんのイメージ」と笑顔で語った。

 長谷部氏とはポジションも同じで目標にする存在。「代表の試合ではボランチとして、攻守において欠かせない存在だった。ドリブルで上がっていくところは自分のプレースタイルと重なる。まねていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年5月29日のニュース