川崎F・鬼木監督が新型コロナ濃厚接触者に 9日G大阪戦は寺田コーチが指揮

[ 2022年7月7日 18:32 ]

川崎F・鬼木監督
Photo By スポニチ

 川崎Fは7日、鬼木達監督(48)が新型コロナウイルスの濃厚接触者となったことを発表した。

 クラブによると現在は適切な対策のもとで隔離しており、保健所の指示に基づき健康観察期間終了後にチームに合流する予定となっている。

 9日のホームG大阪戦は不在の鬼木監督に代わり、寺田周平コーチ(47)が指揮を執る。

 また、トップチーム選手1人が6日に陽性判定を受け、鬼木監督とは別のトップチーム関係者2人が濃厚接触者に特定されたことを発表した。

 6日に予定されていた前節の鳥栖戦は、鳥栖の選手とスタッフ複数人が新型コロナウイルスの陽性診断を受けたことから中止となった。再び新型コロナウイルスの影響を受ける形となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月7日のニュース