×

ブライトン・三笘薫「ここに来ることができて夢が叶った」クラブ公式サイトのインタビューで喜びの声

[ 2022年7月7日 19:00 ]

ブライトンのユニホームを着て、笑顔を見せる三笘(本人公式インスタグラムから)

 イングランド・プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表FW三笘薫(25)が7日付でクラブ公式サイトのインタビューに応じ、「ここに来ることができて夢が叶った」と喜んだ。

 本拠地アメックス・スタジアムに初めて訪れたという三笘は、ブライトンのユニホームを着用して登場。「クラブの素晴らしいサポーターの前でプレーできることに興奮している。プレミアリーグは世界最高のリーグで、子供の頃から試合を見ていた。ここに来ることができて夢が叶った」と喜んだ。

 さらに「第一の目標は試合に出場してチームに貢献すること。チームの勝利を助けたい。新しいチームメートやプレミアリーグについて知ることを楽しみにしている。プレミアリーグはベルギーとは別レベル。できるだけ早く適応したい」と意気込みを語った。

 また日本代表に関して、22年W杯カタール大会の出場を決めたアジア最終予選オーストラリア戦での2ゴールについて言及。「あの2ゴールはキャリア最高の瞬間だった。プレミアリーグへの準備や自分が成長する意味でも、多くの点で自信となった。あのゴールは、監督やチームメートが自分を信頼してくれるのに役に立ったと思う」と振り返った。「日本代表の一員としてプレーできて光栄。代表ではまだ数試合しかプレーしていないが、誇りを持ってプレーしている」と続け、日本代表の一員としてプライドを持ってプレーしていると語った。

 昨シーズン、期限付き移籍でプレーしたベルギー1部ユニオン・サン・ジロワーズについては「ユニオンで素晴らしい思い出を作った。我々は2位で終えたが、その前にレギュラーリーグで優勝した。歴史を打ち立てることができた。自分たちが達成したことを非常に誇りに思っている」とコメント。「ベルギーリーグは日本と違う。スピードやダイナミックなプレー、サッカーの種類が違うため、欧州サッカーを知る良いきっかけとなった。おかげで、イングランドでプレーする準備ができたと感じている」とし、ベルギーリーグでの経験が役に立ったと語った。

 ブライトンは、8月7日にプレミアリーグ開幕戦でマンチェスター・ユナイテッドと“夢の劇場”オールド・トラフォードで対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月7日のニュース