×

鹿島ヴァイラー監督 川崎F下したC大阪に警戒感「言葉で説明する必要がないくらい強いチーム」

[ 2022年7月5日 12:55 ]

チーム練習に合流したレネ・ヴァイラー監督
Photo By スポニチ

 鹿島のヴァイラー監督が5日、あす6日に行われるC大阪戦(カシマ)を前にオンラインで取材対応した。

 C大阪とはリーグ戦で直近10戦で負けなし。今季はカップ戦を含めて3度対戦し、計6得点と相性の良さを見せているが、前節・川崎Fを下したC大阪に対し「川崎Fに勝ち、その前も広島にリードしていた。そういう意味では言葉で説明する必要がないくらい強いチーム。厳しい相手だと思っている」と警戒した。

 中3日という過密日程となるが、先発選手を入れ替えながら乗り切ることも明言。「前もって連戦を乗り切るために選手交代をして戦うことは伝えていた。ベンチにも心強い選手がいるので、全員が良いパフォーマンスをしてくれることが大事になる」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月5日のニュース