×

シャルケ幹部が日本代表DF吉田麻也の獲得交渉を認める ドイツ紙は5日にも1年契約と報道

[ 2022年7月5日 14:27 ]

吉田麻也
Photo By スポニチ

 ドイツ1部シャルケのルーベン・シュレーダー・スポーツディレクター(SD)が、6月末でセリエAのサンプドリアを退団した日本代表DF吉田麻也(33)の獲得交渉を行っていることを認めた。4日にドイツ紙ビルト(電子版)の取材に応じ「本当だ。吉田麻也との契約に向けて集中的に取り組んでいる。彼のプロフィルを見れば、シャルケにとって非常に興味深い選手だ」と語った。

 同紙は吉田を「新たなDFのボス」と表現し「シャルケが日本のキャプテンを獲得」と報道。5日にも延長オプション付きの1年契約を結ぶ見通しという。

 吉田は2020年1月にサウサンプトン(イングランド)からサンプドリアに加入し、昨季はリーグ26試合に出場して2得点をマーク。6月末で契約が満了し、フリーとなっている。

 リーグ優勝7回を誇る古豪シャルケは、昨季2部で優勝。1シーズンでの1部復帰に大きく貢献した日本代表DF板倉滉(25=ボルシアMG)が退団し、その穴を埋めるセンターバックを探していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月5日のニュース