×

鳥栖5発圧勝6位浮上 岩崎今季初ゴールが口火 リーグ戦のFC東京戦は7連勝

[ 2022年6月27日 06:00 ]

明治安田生命J1第18節   鳥栖5ー0FC東京 ( 2022年6月26日    駅スタ )

<鳥栖・FC東京>ドリブルで駆け上がる鳥栖のFW岩崎
Photo By スポニチ

 怒濤(どとう)のゴールラッシュ!鳥栖はホームでFC東京に今季最多タイの5得点を挙げ圧勝した。FW岩崎悠人(24)の今季初ゴールの先制点から猛攻。FW垣田裕暉(24)も2ゴールを挙げた。守備陣も完封し、前節完敗のうっぷんを晴らした。リーグ戦のFC東京戦は7連勝。勝ち点を27に伸ばし6位に浮上した。

 5点のゴールラッシュで守っては完封。鳥栖は後半戦のホーム初戦を白星で飾り、FC東京にリーグ戦7連勝を収めた。

 まずは岩崎が魅せた。前半30分、ペナルティーエリア手前左から豪快な先制ミドルシュートを決めた。「打つと決めていた。気付いたら入っていた」。待望の今季リーグ戦初得点に胸をなでおろした。「前節チームに迷惑をかけて悔しい思いをした。早く試合がしたかった。正常なメンタルに戻したかったので点を決められて良かった」。

 今季から特長の運動量が生きるサイドのウイングに活躍の場を広げ躍動。後半3分にはサイドから自らゴール前に進み中央に送ったパスが起点となりDFジエゴの2点目を引き出した。サイドで攻守にわたって存在感を放った姿に川井健太監督も「岩崎は得点だけじゃなくチームに貢献してくれた。ミドル含めフィニッシュのパターンが増えればいろんなプレーが出せる。これからも期待したい」と成長に目を細めた。

 岩崎は「後半戦はゴール、アシストの結果にこだわりたい」と話していた通りの活躍。「もっと早く取れれば良かったけどこれから取れるように。早く次の試合がしたい」と意気込んだ。「暑いのは好き。運動量の差が出てくるので良さが出てくる。楽しみ」とニヤリ。気温の上昇とともに岩崎の調子も上昇していく。

 チームは後半25分に本田が3点目、同33分、40分に垣田が2ゴールを決め5得点。順位も6位に上げ、弾みをつけた。(村田 有子)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月27日のニュース