×

パリSGのネイマールが退団検討?会長の発言に不信感と地元メディアが報道

[ 2022年6月27日 15:47 ]

ネイマール(AP)
Photo By AP

 サッカーのフランス1部でパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマール(30)が退団を検討していると地元メディアのRMCスポーツが26日に報じた。

 アルケライフィ会長が今夏にネイマール移籍の可能性があるか問われ「全ての選手に昨季より多くの仕事を期待している。彼らは100%でなければならない。ここまで我々は十分ではなかった」と発言。さらに「来季の目標は明確だ。日々200%で働く。このユニホームに持てるもの全てをささげ、全力を尽くして結果を待つ。もう一度謙虚にならなければ。試合に影響を与えるようなケガ、出場停止、ファウルを避けるよう変わらなければ」と続けた。

 この発言に同メディアはネイマールと周囲の関係者が「標的にされたと感じた」と指摘。W杯カタール大会(11月21日開幕)を控える中で今夏の移籍には否定的だったというアタッカーだが、クラブからのバックアップが感じられない状況に退団を考え始めたという。

 もっとも高額の移籍金と年俸が必要なネイマールの獲得に動けるクラブは限られる。同メディアはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーに加え、サウジアラビア系ファンドが主体の共同事業体に買収されたニューカッスルをピックアップ。同メディアは移籍そのものの実現には否定的だったが、クラブにとって来季はメッシが加入2季目を迎え、エムバペ残留を受けて悲願の欧州チャンピオンズリーグ制覇に再挑戦する勝負なシーズン。ネイマールが残留しても、しこりを残したままでは難しい舵取りを強いられる可能性がありそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月27日のニュース