×

C大阪・清武 左足首ひねり病院直行もチーム一丸 船木弾でドロー

[ 2022年6月27日 06:00 ]

明治安田生命J1第18節   C大阪1ー1清水 ( 2022年6月26日    ヨドコウ )

<C大阪・清水>前半、苦悶(くもん)の表情でピッチに倒れ込むC大阪・清武(左)(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 C大阪は早い時間帯に主将が負傷するアクシデントも一丸となった。前半15分、ドリブル突破を試みたMF清武が相手DFと接触。左足首を強くひねってその場でうずくまり、歩行もままならない状態で病院へ直行した。激しく痛がる様子から、長期離脱の可能性も否定できない状況だ。

 この苦境に後半から出場したDF船木が奮起。0―1で迎えた31分、MF鈴木の右CKからリーグ戦初ゴールとなる同点ヘッド。「勝利につながらず悔しいが、引き分けに持ち込めて良かった」。小菊監督も「成長著しい」と称える若手の活躍で、何とか勝ち点1をもぎ取った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年6月27日のニュース