×

横浜 小池龍「素直にうれしい」またメモリアル弾!3戦ぶりの勝利

[ 2022年5月25日 22:15 ]

明治安田生命J1第15節   横浜2―0京都 ( 2022年5月25日    ニッパツ )

横浜・小池
Photo By スポニチ

 横浜は25日にホームで京都と対戦し、2―0で勝利。DF小池龍太(26)がメモリアル弾でチームに3戦ぶりの勝利をもたらした。0―0の前半41分、左サイドの角度のないところから右足で強烈な一発。これが鹿島、G大阪に次ぐクラブのJ1通算1600得点となった。小池龍は同1500得点に続くメモリアル弾で「僕のゴールがメモリアルになってますが、一つ一つ、つないできたゴールだと思う」と感謝を口にし、「クラブにとっても僕にとっても大切なこと。素直にうれしい」と笑顔で振り返った。

 後半27分には右サイドバックの松原健(29)が左足で決めて追加点。計23本シュートを放った中、「アタッキング・フットボール」を掲げるチームを象徴する両サイドバックの得点で、チームはホームで貴重な勝ち点3を獲得した。

 0―1で敗れた21日の福岡戦では、FWアンデルソン・ロペスが唾吐き行為により一発退場。リーグ6試合の出場停止処分を受けた中、前日練習ではチームのためにひた向きにプレーする姿があったという。松原は「彼がしてしまったことは反省すべきだと思うけど、チームとしてより纏まって、試合に出ている選手は責任を持ってやることが大事。チーム一丸となってやれている」と話した。

 ハーフタイムを除く3度の交代機会を使い切った後半37分過ぎに主将のMF喜田がピッチを退き、10人での戦いを強いられた。それでもGK高丘を中心に最後まで集中力を切らさずに零封。ともに勝ち点を落とした上位2チームとの差を2に詰め、マスカット監督は「最後は10人になりましたけど、最後まで戦いきった試合となった。久々のホームで、選手はファン・サポーターに素晴らしいサッカーを見せてくれた」と満足げに振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月25日のニュース