×

C大阪「大阪ダービー」逆転3発快勝 2ゴール奥埜「自信になる」 ビリケンさん不敗神話だ

[ 2022年5月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第14節   C大阪3-1G大阪 ( 2022年5月21日    ヨドコウ )

<C大阪・G大阪>後半、C大阪・奥埜(左から2人目)が勝ち越しゴールを決めガッツポーズ(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 桜色に染まったホームで、C大阪は1点を追う後半に圧巻の3発を見舞った。伝統の大阪ダービーで強烈な輝きを放ったのはMF奥埜だ。後半21分と同アディショナルタイムに鮮やかな2ゴール。宿敵相手に痛快な勝利を呼び込んだ。

 「チームが勝つことが一番。先に失点しながら逆転勝ちできたのは自信になる」

 この日の天気同様、どんよりした空気を奥埜が一掃した。1点を追う後半13分に今季初先発のFWアダム・タガートの同点弾が生まれた8分後だ。DF山中がゴール前へクロス。相手DFがタガートに集中する中、背後から飛び込んできた奥埜が頭で押し込んだ。豪快な決勝弾。「チャンスがあれば前に関わっていこうと思っていた」と胸を張った。

 仕上げは試合終了間際だ。G大阪のFKをしのぎ、華麗なカウンター攻撃。必死で戻るG大阪の守備陣をあざ笑うかのごとく、鮮やかに右足を振り抜いた。「ボールが前に入った瞬間にチャンスだと思った。(MFの)毎熊がいいパスをくれた」と“絆”の3点目でトドメを刺した。

 この一戦に通天閣のシンボル「ビリケンさん」が通算10度目のベンチ入り。「幸福の神様」の来場マッチはこれで7勝3分けと不敗だ。勝ち点は20に到達。宿敵撃破と神のご加護で、7位に浮上した。(八木 勇磨)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月22日のニュース