×

G大阪・昌子とレアンドロが口論 片野坂監督苦言「相手にとって思うつぼになる」後味悪い敗戦

[ 2022年5月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第14節   G大阪1-3C大阪 ( 2022年5月21日    ヨドコウ )

<C大阪・G大阪>後半、味方同士で口論するG大阪のレアンドロ中央)と昌子(右から2人目)(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 G大阪はピッチ内で味方同士が激しく口論するなど後味の悪い敗戦になった。

 1点を追う後半42分。大急ぎでスローインしようとするDF昌子とは対照的に、仲間のリスタートが大幅に遅れた。昌子は大きく手招きし、声を張り上げ、最後はボールを叩きつけた。この行為にFWレアンドロ・ペレイラが激高し、詰め寄った。仲間が割って入って事なきを得たが、痛すぎるタイムロスに…。

 片野坂監督は「相手にとって思うつぼになる。言い合っても何も解決しない」と苦言を呈した。昌子は「子どものケンカじゃないし(ペレイラと)口を聞かないとかはない」と説明したが、ダメージの残る終幕となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月22日のニュース