×

三菱重工浦和のFW菅沢がリーグの初代得点女王「FWの仕事はできた」劣勢から2ゴールで引き分けに

[ 2022年5月22日 15:19 ]

 WEリーグ最終節 ( 2022年5月22日 )

三菱重工浦和のFW菅沢優衣香
Photo By スポニチ

 WEリーグの最終節は22日、各地で5試合が行われ、三菱重工浦和はホームで日テレ東京Vと2―2で引き分けた。2点を先制される苦しい展開となったが、エースの日本代表FW菅沢優衣香(31)の2ゴールで追いついた。菅沢は今季通算14点に伸ばし、得点ランキング1位を確定させた。

 菅沢は「ホームの最終節で勝ちきりたかったのが正直なところ。追いつけたのは良かった」と振り返り、「もう少し点を取れて入ればベストだった。優勝した中で得点王が一番獲りたかったが、FWの仕事はできたかなと思う」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月22日のニュース