×

セレッソ大阪・小菊監督 21日大阪ダービーへ決意「勝利を喜び合いたい」

[ 2022年5月20日 13:15 ]

21日のG大阪戦へ向け練習を見守る小菊監督(セレッソ大阪提供)
Photo By 提供写真

 C大阪の小菊昭雄監督が20日、G大阪戦(ヨドコウ)を翌21日に控え、オンライン会見を行い、大阪ダービーでの勝利に向け決意を新たにした。

 「セレッソファミリーの思いを背負って戦い、勝利を喜び合いたい」
 
 6日のリーグ第12節・磐田戦でようやくホームでの今季リーグ戦初勝利を挙げ、18日のルヴァン杯・1次リーグ最終節ではアウェー大分戦に3―3で引き分け。一時リードを許す展開にも粘り負けしなかった。今回の大阪ダービーに出場予定の選手はルヴァン杯の大分遠征には参加せず、大阪に残って最終調整。緊張感の中にもリラックスムードも漂ったそうで、チーム状態は上向きと見ている。

 「ホームの磐田戦を最後、勝ち切れたのも、サポーターの熱い思いがそうさせた。熱い思い、拍手とともに戦って、ともに勝ちを喜びたい」

 前回4月23日、ルヴァン杯・1次リーグでG大阪と激突した際は、通算56度目の大阪ダービーで初めてのスコアレスドローに終わった。今度こそ勝利をつかみ、満員のサポーターとともにスタジアムを歓喜で包む構えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月20日のニュース