×

J2大宮・南雄太が右足アキレス腱断裂手術 全治6カ月 最多出場記録更新GK離脱でチーム痛手

[ 2022年5月20日 12:21 ]

大宮のGK南雄太
Photo By スポニチ

 J2大宮のGK南雄太(42)が、18日の明治安田生命J2リーグ第15節盛岡戦で負傷し、さいたま市内の病院で手術を受けたと発表した。全治6カ月。

 J2大宮公式サイトによると、南は18日の盛岡戦で負傷。右足アキレス腱断裂と診断され、さいたま市内の病院で手術を受けた。

 南は98年に静岡学園高から柏に加入し、1年目から出場機会をつかんだ。移籍した熊本や横浜FCでも長く正GKを務め、昨季途中から大宮に期限付き移籍。完全移籍となった今季も定位置を守り続け、1日金沢戦でJリーグ通算出場試合数を歴代2位タイの660試合(J1=266、J2=394)とし、名古屋などで活躍した楢崎正剛(631、29)の持つGKの最多記録に並んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月20日のニュース