×

ニッポン放送がW杯予選豪州戦実況生中継 ネット感謝の声続々「素晴らしい対応」「ラジオの興奮を再び」

[ 2022年3月18日 17:15 ]

1993年10月、イラクと痛恨のドローに終わった日本は悲願のW杯初出場を逃し、三浦知良(11番)ら日本代表イレブンはピッチで泣き崩れる。この試合は「ドーハの悲劇」として日本サッカー史で語り草となっている
Photo By スポニチ

 ニッポン放送は18日、定例社長会見をオンラインで開き、24日に行われるサッカーW杯アジア最終予選のオーストラリア対日本戦をラジオ実況生中継すると発表した。

 日本は勝てば7大会連続のW杯出場が決まる大一番だが、テレビ地上波での放送は予定されておらず。映像では、映像配信サービスDAZN(ダゾーン)で有料会員だけが国内で視聴できるという状況だけにネット上では「ありがとうニッポン放送、必ず聴きます」「おーこれは必聴ですね!!」「素晴らしい対応ありがとうございます」など感謝の声が続々。

 なかには「ドーハの悲劇を思い出す」「93年のドーハの悲劇の時は地上波はテレ東で放送されていたのでラジオ実況は有り難かった」「フランス予選のアウェー韓日戦をラジオで聴いた興奮を再び」「ラジオなのにシドニーから実況生中継って凄いな」「解説が金子達仁さんていうのがいいな~」「普段ラジオ聴かないけどこれは必聴だ」などといった声もあった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年3月18日のニュース