×

城彰二氏 欧州で成長した伊東、代表の武器に 久保は周り使い、使われないとキングになれない

[ 2022年1月28日 05:30 ]

カタールW杯アジア最終予選B組   日本2―0中国 ( 2022年1月27日    埼玉 )

<日本・中国>後半、ボールに食らいつく伊東(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 【城彰二 視点】日本代表は1勝2敗の崖っ縁から4連勝。負けられない戦いが続く中で日本が得た収穫と予選突破へ向けた課題を、スポニチ本紙評論家の城彰二氏(46=元日本代表FW)が語った。

 伊東は大きく成長した。試合を決めた2点目のヘディングは少しぎごちない感じだったが、いい位置に入ったことがゴールにつながった。先制点につながったPKも伊東のクロスからだが、日本代表のいい武器になっている。

 以前はスピードを生かしてサイドを縦に突破するプレースタイルだったが、最近は中に入るようになって変わった。パスが来るところにいるから必然的にゴールが増える。同時に自信も付いてさらに良くなる。しかも以前はサイドでドリブルするときも、自分のタイミングで仕掛けるばかりだったが、今は相手を見て駆け引きしながら仕掛けられる。欧州へ行って大きな相手と対戦しながら身につけたことだと思うが、森保監督にとっても欠かせない存在で、堂安らといい競争もしてチームの底上げにつながっている。

 久保は後半途中から出場したが、彼と合うリズムの選手がいないように思えた。もっと周りの選手を使い、周りに使われないとジョーカーのままでキングにはなれない。私たちの時代はもっと練習中から要求し合い、ときには言い争うこともあったぐらいだ。連係に磨きをかけるのは監督ではなく選手自身。いい技術を持っているのだから発揮できるようにしてほしい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年1月28日のニュース