なでしこ池田監督「チームのコンセプトを確認できた満足感はある」合宿打ち上げ 11月に初海外遠征も

[ 2021年10月24日 18:20 ]

女子サッカー日本代表なでしこジャパンの池田監督(左から2人目)
Photo By スポニチ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は24日、千葉市内での7日間におよぶ国内代表候補合宿を打ち上げた。最終日は池田太監督(51)がオンラインで取材対応。新体制となって初の合宿を終え「最初のキャンプですので選手たちは意欲にあふれている。選手たちと一緒に目標確認したり、チームの大きな流れ、コンセプトを確認できた満足感はある」と振り返った。

 最終日は1時間半のトレーニングで、ゴールへ向かう意識を共有。最後にはPK練習も行った。チームの解散前には「日常生活の中でしっかりトレーニングと休養と栄養のバランスとか、一人一人チームで自分の目標、成長できるような取り組みをしていこう」と選手に話したという。

 11月には池田監督体制初の海外遠征を予定している。熊谷紗希(31=Bミュンヘン)ら海外組の招集については「考えているのは確か」とした。23年女子W杯予選を兼ねた来年1~2月のアジア杯インド大会に向け、チームづくりを推し進める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月24日のニュース