アーセナル・冨安 トットナム戦MOM選出!ネット絶賛「プレミアで最高のアジア人」「TAAよりTTだ」

[ 2021年9月27日 18:26 ]

プレミアリーグ   アーセナル3―1トットナム ( 2021年9月26日 )

<アーセナル・トットナム>1対1ではFW孫興民(左)に仕事をさせなかった冨安(ロイター)

 アーセナルの日本代表DF冨安健洋(22)が27日、クラブ公式ツイッターで3―1と勝利したトットナム戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。ネット上では現地ファンからも「異議なし!!その通りだ」「スーパートミーだ」「プレミアで最高のアジア人選手」など絶賛された。

 冨安は右SBとしてトットナム戦にリーグ戦2試合連続のフル出場。プレミアリーグ屈指のFW孫興民(ソン・フンミン)とのマッチアップでもドリブル突破で抜かれることなく冷静に対応。ゴールにこそ絡まなかったが、安定感あるプレーでチームの3連勝に貢献した。

 試合後ファンからの投票によって決まるMOMに選出され、ネット上では「よくやった!彼は右の盾だった」「頼りになる冨安さん。これまでの試合でも信じられないような活躍をしてくれました」「トミーは素晴らしかった」「誰が選ばれてもおかしくなかったが、彼は昨夜、傑出していた」「リーグで最高のRB(右サイドバック)なんじゃないか」と称賛の声が続々。

 なかには「とても素晴らしい。今まで彼がPLプレーヤーでないことに気づかなかった」「TAA(トレント・アレクサンダーアーノルド)よりTT(冨安健洋)だ」「彼の獲得を諦めたスパーズ戦(トットナム)でMOMを獲得するなんて」「僕はスミスを推していたが、トミーも悪くない選択だ」と様々な意見が飛び交うも、そのほとんどが好意的なコメントだった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月27日のニュース