C大阪・クルピ監督「ここまで悔しい思いをする負け方はなかった」 決定機なく名古屋に黒星

[ 2021年5月8日 17:30 ]

明治安田生命J1第13節   C大阪0-1名古屋 ( 2021年5月8日    豊田ス )

C大阪・クルピ監督
Photo By 提供写真

 C大阪がアウェーで名古屋に0―1で敗れ、今季5敗目を喫した。

 前節G大阪戦で負傷した元日本代表FW大久保が不在の中、MF中島が今季初先発を飾る。しかし、中島は前半38分に負傷交代。後半21分には先制点を許し、MF西川やFW加藤らを投入してゴールを目指したが、無得点のままタイムアップを迎えた。

 試合後、今季からC大阪で4度目の指揮を執るレヴィー・クルピ監督は「日本に来てから、ここまで悔しい思いをする負け方はなかった」と語り始めた。「最後まで選手は勝利を目指したが、彼らの持っている良いプレーにつながらなかった。もう一度、彼らの良さを引き出すことを考えないといけない」。ケガ人も多い中、試行錯誤が続く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月8日のニュース