C大阪・大久保 数試合欠場へ 2日G大阪戦で左太腿裏負傷 クルピ監督「重傷ではない」も慎重

[ 2021年5月8日 05:30 ]

2日のG大阪戦で負傷し、座り込むC大阪・大久保 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 C大阪のレヴィー・クルピ監督が、2日のG大阪戦で左太腿裏を痛めて負傷交代した元日本代表FW大久保の状態に関して「重傷ではなかった」と明かした。7日の練習後にオンラインで取材に対応。現在は別メニュー調整中としながらも「筋肉系のケガだったが、診断として特に重傷ではなかったことは幸いした」と語った。

 8日の名古屋戦(豊田ス)など今後の数試合は欠場する可能性が高いが、回復具合で復帰のタイミングを探っていく。「彼の年齢を考えれば慎重に考えた方がいい。本人と相談しながら、症状を見ながらになるが、一日も早く試合に復帰してほしいと思っている」。チーム得点王が不在の中、新加入のFWタガートらに期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月8日のニュース