Jリーグ、緊急事態宣言対象地域の22試合は政府と自治体の方針に準拠

[ 2021年5月8日 05:30 ]

 Jリーグは7日、政府より4都府県の緊急事態宣言の延長及び対象地域に愛知県、福岡県が追加されたことを受け、今月12~31日まで対象エリアでのJ1の12試合、ルヴァン杯2試合、J2の8試合の開催方式について政府及び開催地の自治体の方針を踏まえ、決定すると発表。政府は原則、無観客だった大規模イベントの収容人数は上限5000人か収容率50%の少ない方とし、開催は午後9時までを要請する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月8日のニュース