名古屋・柿谷 C大阪戦は自分たちに集中「知っているのは嘉人さんがケガしたことだけ」

[ 2021年5月6日 14:06 ]

C大阪戦を前に、オンラインで取材に応じる柿谷

 昨オフにC大阪から名古屋へと完全移籍した元日本代表FW柿谷曜一朗(31)が6日、8日に控えるC大阪戦(豊田ス)を前にオンライン取材に応じた。

 川崎Fとの連戦で2連敗を喫した中で迎える一戦。「今、もう一回自分たちが切り替えないといけない大事な時なので。自分がセレッソに在籍していたからとかはなしにして。勝ちにつなげていく中で、僕自身も良い準備をしたい」。そう語気を強めた。

 今季からC大阪で指揮を執るのは、自身も以前に指導を受けたレヴィー・クルピ監督。古巣の動向を常に追っているわけではなく「唯一、知っているのは嘉人さん(大久保)がケガしたことだけ」と語った柿谷は、昨季まで同僚だった元日本代表MF清武への警戒心を示した。

 「セレッソを支えているのは、間違いなく清武なんで。彼が気持ちよくプレーすれば、あのチームは止まらないというか。彼に自由を与えてしまうと勝てなくなるんじゃないかなと(昨季に)同じチームながら思っていましたし。キヨ次第じゃないですか」

 4歳から育った古巣への思いを封印し、名古屋の勝利だけに徹する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月6日のニュース