欧州CLの同一リーグ頂上決戦は2季ぶり8回目 チェルシーとマンCが決勝で激突

[ 2021年5月6日 15:11 ]

欧州チャンピオンズリーグ準決勝第2戦   チェルシー2―0レアル・マドリード ( 2021年5月5日    英国ロンドン )

チェルシーのチアゴ・シウバ(左)は準決勝の第2戦に勝利し、喜びを表す(AP)
Photo By AP

 チェルシーがRマドリードに2―0で快勝し、2戦合計3―1で9季ぶりに準決勝を突破した。29日の決勝(トルコ・イスタンブール)ではマンチェスター・シティーと対戦する。イングランド勢同士の決戦はリバプールがトットナムを破って以来2季ぶりとなる。

 各国に複数の出場枠が与えられるようになった97~98年シーズン以降、同一リーグのチームによる決勝は以下の通り。

 ▼99~00年 Rマドリード3―0バレンシア
 ▼02~03年 ACミラン0―0(PK3―2)ユベントス
 ▼07~08年 マンチェスターU1―1(PK6―5)チェルシー
 ▼12~13年 Bミュンヘン2―1ドルトムント
 ▼13~14年 Rマドリード4―1(延長)Aマドリード
 ▼15~16年 Rマドリード1―1(PK5―3)
 ▼18~19年 リバプール2―0トットナム

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月6日のニュース