FC東京がオリヴェイラの2ゴールで勝ち点3 退場者出て10人の時間帯しのいだ

[ 2021年4月7日 21:54 ]

明治安田生命J1第8節   FC東京2ー1札幌 ( 2021年4月7日    味スタ )

FC東京のディエゴ・オリヴェイラ
Photo By スポニチ

 FC東京はホームで札幌と対戦し、ブラジル人FWディエゴ・オリヴェイラ(30)の2ゴールの活躍で勝ち点3を手にした


 難しい展開だった。前半29分にセンターバックを務めるDF渡辺剛(24)が退場。早々に10人でのプレーを強いられた。それでも粘り強く守り切ると、後半14分には相手にも退場者が出て、10対10に。そこで得たFKからディエゴ・オリヴェイラが先制ゴールを決めると、22分には同選手がPKを獲得。これを自ら決めて、一気に勢いをたぐり寄せた。

 長谷川健太監督(55)は「森重を中心にどこが危ないのかを的確に話し合いをして、チームとして成熟してきたなとはたから見て取れた」と18年から率いる“青赤軍団”の成長を話し、さらに殊勲の背番号9について「チームの勝利のために労を惜しまず、攻守に分かってプレーしてくれた」と称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月7日のニュース