J2新潟MF本間至恩、急転残留 「長い時間をかけて自問自答し」決断

[ 2021年1月25日 09:00 ]

新潟のMF本間至恩
Photo By スポニチ

 J2新潟は25日、徳島から正式オファーを受けていたMF本間至恩(20)の残留を発表した。

 昨季背番号10を背負い、7得点7アシストを挙げるなど攻撃の中心として活躍した本間は、一時は移籍が濃厚とみられていた。本間はクラブを通じ「今季も新潟で戦うことを決断しました。初めてオファーをいただいて悩んだことも正直に伝えます。別の環境に身を置くのか、それとも生まれ育った地元のクラブでもっと力をつけるべきなのか、長い時間をかけて自問自答しました」と決断に至るまでの心境を吐露。さらに「温かい声援を送り続けてくださる新潟サポーターの皆さんの存在を大きく感じていることに改めて気づきました」などとコメントした。

 チーム一行はこの日、新潟空港を出発。高キャンプをスタートさせる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月25日のニュース