神戸の三浦監督 4日の水原戦のスタメンは「選手のコンディション」最優先

[ 2020年12月3日 19:46 ]

水原戦に向けた公式会見で抱負を語る三浦監督(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 神戸の三浦淳寛監督(46)が、あす4日の1次リーグ水原戦の公式会見に出席し、メンバー構成について「選手のコンディション」を最優先にする意向を示した。

 すでにグループの1位突破が確定しており、さらに水原戦の後は中2日で決勝トーナメント1回戦が控え、主力を温存する選択肢がある。その状況下で「グループリーグの突破が決定したので、ひとつは選手のコンディションを見ながら起用を考えたい。それと同時に、我々のコンセプトを選手の組み合わせによっていかに発揮できるかを確認したい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月3日のニュース