浦和の“いぶし銀”MFエヴェルトンが今季限りで退団へ

[ 2020年12月3日 14:00 ]

浦和MFエヴェルトン
Photo By スポニチ

 浦和のブラジル人MFエヴェルトン(28)が今季限りで期限付き移籍を満了し、退団することが3日、分かった。19年1月、ポルトガルの名門ポルトから期限付き移籍で加入。確かな技術を持つボランチとして今季はここまで26戦で2得点。危機察知能力に優れ、攻守の繋ぎ役としても“いぶし銀”の活躍をみせてきた。

 昨季は22戦2得点、準優勝したACLでも14戦に出場し、決勝トーナメント1回戦第2戦の蔚山戦(3―0)では敵地で駄目押しの3点目を決め、奇跡の逆転突破の立役者にもなった。

 今後は、日本国内を中心に移籍先を探す方針という。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年12月3日のニュース