横浜 終了間際にマルコス劇弾!敵地初勝利に指揮官「凄くいいゲームだった」

[ 2020年8月2日 05:30 ]

明治安田生命J1第8節   横浜1―0仙台 ( 2020年8月1日    ユアスタ )

<仙台・横浜>後半、横浜のマルコス・ジュニオール(右端)はゴールを決める(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 横浜は最終盤にゴールが生まれ、敵地での初勝利を挙げた。

 右手骨折から開幕戦以来の復帰を果たしたGK朴一圭(パクイルギュ)が「チームのために全力でやろうという思いを持っていた」と好セーブを連発。0―0のままで迎えた後半アディショナルタイムにFWマルコス・ジュニオールが右足で決勝点を蹴り込んだ。「冷静さを保ってしっかりとシュートした」。今季5点目を決めた途中出場のブラジル人は両手を空に突き上げて喜んだ。ケガ人が相次ぐ中、MF仙頭とDF松原を本職外の位置で起用するやりくりで勝利に導いたポステコグルー監督は「凄くいいゲームだった」とうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月2日のニュース