×

清水 浦和とドローで最下位脱出!3戦ぶり黒星の危機救ったDFヴァウド2戦連発弾

[ 2020年8月2日 05:30 ]

明治安田生命J1第8節   清水1―1浦和 ( 2020年8月1日    埼玉 )

<浦和・清水>後半、ゴールを決め喜ぶ清水・ヴァウド(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 清水は終盤に追いついてアウェーで浦和と1―1のドロー。直近11戦未勝利中の相手から勝ち点を奪って最下位を脱出した。

 高まりつつあった敗色ムードをDFヴァウドが振り払った。後半41分、右CKのこぼれ球を拾った途中出場のMF中村がドリブルで右サイド深くに進入。右クロスを背番号5が頭で合わせた。「何よりもチームに貢献できてうれしい」。3試合ぶり黒星の危機を救った2戦連発を喜んだ。

 クラモフスキー監督は初勝利した前節・大分戦と同じスタメンを起用。前半は今季から取り組む「相手を圧倒するサッカー」を体現して試合を優位に進めた。前半だけで10本のCKを獲得するなど「自分たちの(攻撃的な)サッカーができていたと思う」と手応えもつかんだ。

 横浜FCと湘南が敗れたため16位に浮上。5日のルヴァン杯・名古屋戦を挟み、8日の次節はホームに札幌を迎える。東海地方の梅雨明けとともに清水の巻き返しが始まった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2020年8月2日のニュース