柏 敵地8・1名古屋戦延期を要望 広島戦コロナ中止受けJリーグに申し出

[ 2020年7月28日 05:31 ]

柏のネルシーニョ監督
Photo By スポニチ

 柏が次節8月1日のアウェー名古屋戦(豊田スタ)の開催延期をJリーグに申し出たことが27日、関係者の話で分かった。名古屋から24日以降の検査で選手2人、クラブスタッフ1人の新型コロナウイルス感染が確認され、26日の広島戦は当日に中止が決定。直後の対戦相手となる柏は選手、スタッフの安全面を第一に考えて、延期を要望したとみられる。

 これまで、柏は感染症対策を徹底してきた。リーグ再開前にJ1では唯一、他クラブと対外試合は行わなかった。練習も非公開と、外部との接触を避けて感染リスクを最大限に減らしてきた。指揮を執るネルシーニョ監督も70歳と高齢で、不安要素は大きい。

 名古屋側は27、29日にトップチームの全関係者100人のPCR検査を独自で実施。試合前日となる31日には、リーグによる公式PCR検査を行い、現状できる限りの安全確保を目指している。今後はリーグが中心となって協議を重ねていく予定だが、チームの安全確保が開催へのカギを握る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月28日のニュース