名古屋、選手寮の調理スタッフが新型コロナ陽性 トップチームの選手・スタッフは全員陰性

[ 2020年7月28日 16:37 ]

 名古屋は28日、チーム関係者100名を対象に実施した新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査の結果について発表。トップチームの選手・スタッフおよびトップチーム関係スタッフは全員陰性判定だったものの、選手寮運営業務委託先所属の調理業務スタッフ1名に陽性反応が確認されたことを公表した。

 クラブ公式サイトで「7月27日(月)に100名を対象に実施したPCR検査の結果、トップチーム選手・スタッフおよびトップチーム関係スタッフは全て陰性判定となりましたが、選手寮運営業務委託先所属の調理業務スタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されました」と発表。保健所の調査の結果、クラブ内および選手寮のスタッフに濃厚接触者はいなかった。

 クラブによると、陽性と判定された選手寮の調理スタッフは夕食時のみの勤務で、選手寮内の食堂での盛り付け、配膳、洗い物を担当。PCR検査が実施された27日までは発熱はなかったが、きょう28日になって38・5度の発熱。現在は自宅で静養しており、あす29日に再度PCR検査を実施する予定となっている。

 名古屋は25日にDF宮原和也(24)、26日にMF渡邉柊斗(23)とチームスタッフに陽性反応が確認され、リーグ第7節・広島戦が急きょ中止となった。

 クラブは「今回陽性判定を受けた選手寮運営業務委託先所属スタッフとすでに陽性判定を受けている選手・スタッフとの接点につきまして、寮に居住する渡邉選手は濃厚接触に該当せず、宮原選手およびトップチームスタッフとの接点はありません」とし、「今回の検査結果や行動履歴に基づく専門家のご意見では、宮原選手・渡邉選手・トップチームスタッフの間で感染が広がった可能性は低いということです」と有識者の見解を記した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月28日のニュース